小木曽のバネブログ

進化はしないが、変化はできる。できる男になってやる。

2014年 8月 12日

アーカイブ: 2014年 8月 12日 の一覧ページです。

アキトの履歴書 51‐2

2014.08.12

カテゴリ : ルーツ/アキトの履歴書

 
(青年会と政治活動~2)
 
 それは確か、
 
“原水爆禁止広島大会”とやらに、共産党、社会党の主導に染まった連中の命令か指示なのか、に従って、
 
“参加費用を捻出するため、各部落ごと、資金カンパをせよ”
 
との話があり、青年会員に対して各地区、班割りで、一人ずつが数十軒を訪問し、
 
一口幾らでも良いのでお金を集める旨の指示があった。
 
当時、私も何も考えなしに全く見ず知らずの家にまで廻らされた。
 
その時、伺ったお宅で印象に残っているのは、障子はなんともボロボロで、応対に出てきた母親とおぼしき方の、
 
いかにも弱々しい姿であった。
 
役目上、『いくらでも良いので』と、お金の無心を切り出し、5円玉と2~3円を頂戴してしまった。
 
そのお宅から出てきた私は、
 
“何でこんなことまでして、貧乏人からまでお金を集めなくてはならないのか”と、
 
自責の念にかられた。
 
 ここにきて、もう社会党、共産党はとんでもない連中の集まりで、自分勝手な人達で、他人の事情も一切構わず、
 
ひどいことを平気でするものだと憤った。
 
 これ以降、絶対に左翼のいう事は聞かないぞ、と決意をした。
 
本当に広島へ行きたいのなら、手弁当で行くべきだし、お金が必要なら田畑を売ってでも行けばいいではないか。
 
 津島神社の前に貸切バスが来て、皆で集めたお金で、ピクニックか旅行気分で出かける姿がありありと見えてきて、
 
とても、腹を立てずには居られなかった。
 
 それから後の正月休みに、小田切村長宅にK君と二人で訪問した。奥さんが出てきて
 
『昼間飲んでしまって、今は横になっている(寝ている)』
 
と言われたのだが、若い勢いそのままに、無理に起こして面会させてもらった。ご本人が起きてきて顔を出し、
 
『おお、よく来てくれたな。まあ、正月だから上がれ。』
 
『(奥さんに)酒を出せ』
 
と、酒まで出して勧めてくれ、この時、村の青年会の左翼への傾斜等、現実の話をかなりした。
 
そして、
 
『私どもの「町青年会」は社会党、共産党の団体ではないので、
 
郡連かぶれの村の青年会組織からは離脱する』旨の話をした。
 
 しかし、これが元で村中の噂となり、その影響は他部落にも波及し、次々に左翼から離れる動きとなって
 
“赤い霧一掃”と呼ばれることになる。
 
  
(意見には個人差があります)
 
 

1 / 11