アキトの履歴書 2

2009.5.12

(命拾い)
 
 川遊びと言えば、3歳になった頃(昭和21年)、自宅の横を流れる小川を飛び越えようとして落ち、
 
そのまま頭をゴトゴトと石で打ちながら2、30メートルほど流され、その川の曲がりっぱなで
 
母に拾い上げてもらったことを今でもはっきりと覚えている。
 
ずぶ濡れの着物でしゃっくり泣きをしていたことまで。
 
 また、5、6歳の頃だろうか、“北の城のつり橋”を渡り岩場を下りたところに、魚釣りに行った。
 
その時、隣の先輩は親の釣竿を持っていて、岩肌を伝った先で釣りをしていたので、
 
私も釣るポイントを移動しようと、その先へと岩肌を伝っていった。しかし、途中岩がすっぽりと岸から崩れ落ち、
 
岩もろとも深い川の中にドボンと落ちてしまった。
 
その頃はまだ泳ぎが出来なかったので、もがきながら浮きつ沈みつ、
 
先輩の釣っている川下へと流された。先輩の前まで私が流されていった時、そこで初めて彼は気が付いてくれた。
 
「早く竿につかまれ。」
 
と、呼ぶより先に出された竿には当然つかまったのだが、
 
無情にもその竿は繋ぎ目から見事に抜けてしまったのだった。そのまま流され“死ぬかも知れん”と思った直後、
 
私の背丈でも足の届く、水かさが首の高さのところまでの浅瀬に、どうにか足先が触れたことで、
 
命拾いをしたのだった。
 
 その時にも、勿論、着ているものはずぶ濡れになったが、シャツやズボンは岩に載せて乾かしてから、
 
何事もなかったように帰宅したのだった。
 
ちなみに、泳げるようになったのはその後、小学4年生か5年生になってからだと思う。
 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。