アキトの履歴書 19

2009.8.28

 
(厨房に入れず)
 
 言い訳がましくて恐縮だが、私の上には姉が5人も居たため、日常の炊事、洗濯、掃除等の一切の家事は、
 
女のするものだと小さい頃より思っていたので、それまで全くしたことがなかった。
 
 ただ一度した家事と言えば、高校受験の日。その日、私は半日で家に帰って来た。
 
見よう見まねで妹とドーナツを作って食べようと考え、メリケン粉を練って伸ばしたところに、
 
湯呑み茶碗の飲み口側の円と底の円でもってドーナツ状に加工してみた。
 
それがまた上手いこと輪に加工できる。1、2個試しに油で揚げて食べてみたが、旨く出来た。
 
『こりゃいいぞ』と一度にたくさん作ろうとした事が、間違いであったと後になって気づく。
 
しばらく天ぷら油の入った鍋を加熱したままの状態にしてしまったのだ。
 
ドーナツもどきがたくさん用意できたので、さあ仕上げとばかりに何個かをその鍋に流し入れた瞬間
 
「ボカーン!」
 
 そのけたたましい音と同時に、お勝手場じゅうに鍋の中身が全て飛び散った。
 
妹は、顔を両の手で押さえて、その手を決して放そうとしない。
 
猛烈に熱せられた油をまともに顔に浴びてしまったのだ。
 
私とて手や腕にヒリヒリとやけどを負ったのだが、それどころではない。妹の姿を見て、私は途方に暮れた。
 
 手をどけて診たくても診ることさえ出来ない。
 
どえらいことになってしまった。
 
 それから家に戻った母にこっぴどく怒られた。
 
「大切な女の顔に大やけどで嫁に行けなくなるではないか!」
 
と大変責められたが何も言えない。
 
 本当に悪いことをしてしまった、つくづくいぢむさなことと、それ以来、家事はしたことがない。
 
この事は妻には誠に申し訳ないが出来ないのだ。
  
 すぐさま母は、医者と、やけどの治る祈祷をしてもらえる中村福太郎氏の家(町三区)へ妹を連れて行った。
 
小学生の妹は学校も休み、大騒ぎとなった。次の日から妹の顔はまさにやけどのひぶくれた状態で
 
“お岩”のようであった。
 
(面と向かうことは出来なかったが)その後、妹の顔のやけどはきれいに治り、私はほっとした。
 
しかし、未だに油鍋には恐怖を感じる。
 
 お世話になったまじないの福太郎さんが、私の妻、よう子のおじいさんであったとは、
 
この時点では知る由もないのだが、大変感謝している。
 
 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。