アキトの履歴書 25

2009.9.19

 
(駆け出し 2)
 
私が新卒で入社した、あの頃。小木曽製作所で働いている殆んどの人が、私から見ればオバサンばかりで、
 
それもまあ、仕事中によくしゃべくっているものだと(おしゃべりばかりしている)少し腹が立つくらいだった。
 
そのオバサン達は、
 
「よく、この会社に入ってくれたね」
 
と言ってくれたのだが、私とはとても年齢が離れており、話したくもないので、
 
残業はせず時間(5時)がくればさっさと家に帰り、高校のバスケットクラブの様子を見に行くか、
 
さもなくば夕飯の時間になるまでパチンコでもして、ストレスを発散する生活を送っていた。
 
そんな私が家に居付くか、父は内心、気がかりだったと思う。
 
その日も例によってパチンコをしていると、近所の先輩が消防団の勧誘に来た。
 
私はしばらくは入らないと断った。
 
季節も過ぎ秋になると、今度は“青年会”の勧誘にあった。
 
「バスケットをやりたいのなら青年会に入らないと出来ないぞ」
 
との話だった。
 
当時は青年会のグループがバスケットをやっていて、市町村対抗や、郡の大会やらに参加していたのだった。
 
結局、バスケットにつられて私は青年会に入会した。
 

筆者  小木曽 章人(おぎそ あきと/ばね職人)

 

《小木曽精工㈱ 相談役会長》

 
 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。