アキトの履歴書 36

2010.2.27

 
(祇園囃し入門~10代最後の夏~ Ⅱ)
 
 初めての祇園祭が終わり、ようやく祭りから解放された時、10代最後の思い出に海へ行こうとなった。
 
ちょい悪の小島君の提案で、5、6人で連れだって逗子へ。
 
 当時、少しばかりの貯金をはたき、夜行で東京に行き、乗り換えて三浦半島方面へと電車で向かった。
 
 海の近くの店でモリと水中メガネを買って、海岸沿いの海の家で泊まることにした。
 
 この時、海の岩の周りを潜って魚を取ったが、天竜川の魚と違って何かごつい魚だったのを記憶している。
 
更に、これまたごつい岩に貝がびっしり付いていて足が傷付いたのには驚いた。
  
 魚取りの後、今度は泳ごうということになった。
 
天竜河童の私は張り切り、喜び勇んで皆と一緒に沖の方へと泳ぎだして行ったまでは絶好調。
 
途中、境界の浮玉を越えてなお、更に沖へと泳いでいた。(遊泳禁止の線を越え)
 
 ところが、他の仲間はと振り返れば、とうに引き返しており、誰一人付いて来ていない。
 
あわてて引き返して境界の浮玉につかまって一休みしようとするも、浮くどころか私と一緒に沈んでしまう。
 
“しまった!”
 
帰りのことまでは、気にもかけていなかったのである。
 
後は必死だった。
 
 とにかく泳いで泳いで、ぼつぼつ(そろそろ)足が着く頃かと立とうとしても、
 
まだまだ深く、海水は鼻から容赦なく入ってくる。
 
命からがらとはこういうことかと思い知らされたのだが、それでも何とか浜にたどり着くことが出来た。
 
 こんな訳で19の夏の思い出は、文字通り塩辛い、しこたま塩を食らった思い出となった。
 
 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。