アキトの履歴書 39

2010.4.19

 
(青年期3~バー)
 
 その頃、宮田に初めてのバー「バー志摩」が出来た。
 
「竹松屋のお好み焼き」
 
「中原亭のラーメン」
 
「万里の焼きそば」は、それまでにもあったが、隣町の伊那市まで行かないと
 
“バー”という若い女性の居る店は、ここ宮田村にはなかった。
 
 清村の妹さんがやっていた店だったが、当初は珍しくて元気のある人、稼ぎの良い人でないと行けなかった。
 
ビール1本250円なりと聞いていた。
 
 ちょい悪仲間で一度行こうという話になりはしたのだが、一人ではとてもお金がないし、何より勇気がない。
 
それでも、小島君がどうしても行こうと言うので相談した結果、4~5人が手持ちのお金を全部出しあったところ
 
1,000円ほどあることが確認出来た。
 
「よし。これでビール4本分ある」
 
「1本で30分は粘れる(ねばれる)」
 
と、店に入った。
 
 そして、なけなしのお金でもって、チビチビとビールを注文した。
 
店の中には若い女が4、5人いたが、皆、馴染みの客がいるらしく一人もこちらのテーブルに来ない。
 
 あげくに、少しずつ常連客に馬鹿にされる始末。しまいには“ガンをつけ合って”雰囲気が悪くなってきた。
 
一触即発。喧嘩になりそうに見えたのであわてて制止し、支払いを済ませ何とか店を出てきたのだが。
 
何とも情けない、ほろ苦い“バー”の思い出、飲み屋デビューとなった。
 
 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。