アキトの履歴書 44

2013.6.20

 
(青年期7~祭りのトラブルと迷い子リーダー)
 
 私が青年会に入った時は、19才。消防入団と同時期だった。(昭和37年)
 
町の青年会長は1年毎に代わることになっていた。上下3年くらいの世代で協力し合う仲間が出来ていて、
 
いわば結(ゆい)のような、結束力が受け継がれていた。
 
 1年、2年、3年経った頃に、会員同士での次期会長選挙が行われた。この時、2年先輩の二人が同数となり、
 
決選投票の末、決まったのが小田切保鉱氏だった。一方、会長になれなかったI氏は悔しかったのか、
 
会合や慰労会等、事あるごとに、やたらと場の雰囲気をぶち壊す行為を繰り返し、皆を困らせていた。
 
 飲み会のあったある日の終了間際には、とうとう台ごとひっくり返した。
 
私は三役になっていたので、場が白けるのはまずいし、誰にも止められないと考え、
 
『おい。喧嘩売るなら外へ出ろ。』
 
と一喝し、本人を連れ出した。
 
「何だ、お前。俺に文句があるのか。」
 
『文句が言いたいから外へ出てもらったのだ。』
 
と言ったか言わないうちに、手を出して突っかかって来たので、境内ではまずい、
 
下の宝蔵庫の前で決着をつけようと言って石段を下りていった。
 
2、3回どつき合った時、
 
『先輩かも知れんが悪いのはお前だ。絶対に許せん。酒に酔っていても容赦しないから、そう覚悟しろよ。』
 
と啖呵をきってやった。
 
こちらのあまりの剣幕に、今晩はおとなしくするとの事で公民館へ戻った。ところが、会が終って片づけをし、
 
神社の石段を下りたところで揉め事の続きになった。子分のような立場のM氏が私に突っかかって来たのだ。
 
『何だ、お前。悪いことした奴の肩を持つのか』
 
と、また一喝して突き飛ばしたところ、彼は転んでしまった。皆の前で恥をかかせてしまって悪いとは思ったが、
 
黙っていれば後々困ることになる。
 
祇園祭のような一大イベントを成功させるには不満分子の芽は早めに摘むことだと、自分の役目を考えていた。
 
 後に聞いた話では、少し酒癖が悪く、気に入らないとすぐにノミを振りかざして威嚇する人物らしかったので、
 
刃物を持って来られては、と、しばらくは警戒していた。
 
しかし、単純な者同士、仲直りは早かった。
 
 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。