アキトの履歴書 33

2009.12.23

 
(ちょい悪仲間との公民館活動)
 
 昭和30年代後半。公民館社会活動の一環として青年学級というものがあった。
 
高校時代バスケットで活躍していた延長で仲間を集め、当時の、細田我徳(がとく)公民館長にお願いをして
 
学級クラブとして認めて頂き、毎週1回、その仲間とともに、バスケットの練習で小学校の体育館を借り、
 
飛び跳ねていた。
 
 私以外は、ほとんど初体験の若者ばかり、5、6人での発足であった。
 
 細田染色店で、トレードマークの描かれた横断幕を作成し、毎回、窓際に張って活動していた。
 
夏はパンツ一丁で飛び回っていたものだ。仲間内の一人の父親は、
 
“遊び呆けて困り果てていた子供が、真面目に体育館で、毎週汗を流しているなんて信じられない”
 
と考え、ある夜、小学校の体育館の板の隙間から中の様子を覗き見したところ、本当に練習をしているのを見て、
 
感心し、安心して帰った。との話を、後日聞かされた。
 
 もう一人。
 
私と同世代の、東京から宮田に来、岡田角ノミに勤めていた小島君がいた。
 
 この男は村の駐在さんのブラックリストにも載っている程の男で、酒、タバコはもちろんのこと、
 
おまけに喧嘩っ早くて、駒ヶ根辺りのチンピラとよく鉢合わせをしていたようであった。
 
 彼とは、私が高校を卒業する頃に出会った。駅西の安アパートにお婆さんと2人暮らしだった。
 
将棋が好きで、ひょんなことで知り合い、何回か将棋を指す事もあった。
 
バスケの仲間に引き込んだのは、他の仲間を通じてのものだ。
 
 ある時、彼はタバコが切れ、大変へこんでいる様子だったので、
 
「買えば良いではないか」
 
と言ったところ、
 
「(給料の)前借り、前借りで、給料袋は頂いたが
 
中の明細書には赤い字で“-1,500”とあり、受取る金がない」
 
との答えだった。
 
 あまりに情けない姿に、タバコ代の100円ほどを私がやったところ、すぐさま他の者に買いに走らせ、
 
あのしょげた姿はどこへやら。早速、火を点けると、
 
「お前も吸わないか」
 
と一本差し出す。“現金なもの”である。
 
私が、
 
「二十歳までは絶対口にしない」と断ると
 
「堅いヤツだな」と言われた。
 
 そんな自分も、現在ではすっかりヘビースモーカーと化しているのだが。
 
 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。