アキトの履歴書 34

2010.1.16

 
(ちょい悪仲間との公民館活動 2)
 
 そんな仲間とのバスケットの練習も終わる夏の夜は、戸締りをして外に出、一休みしてから帰ったものだが、
 
たまに「のどが渇いたな」と言っては付近の畑のトマトを“チョット拝借”した時も度々あった。
 
(若気の至り、時効という事でお許し願いたい)
 
 私自身、新聞配達を3月で辞め、以後は金銭的にはキビシイ現実もあり、パチンコ以外娯楽は皆無であった。
 
 その頃、お寺の住職さんが私に、
 
「あんた、バスケットをやっている小木曽さんだね。札付き(ふだつき)の若い人たちが、
 
最近とても良くなってくれて、良い仲間作りをしてくれて。とても良い事ですよ」
 
と、褒められた事を想い出す。
 
 私自身、特別な思いでバスケをやっていたわけではなく、あくまで自分の趣味でやっていたもので、
 
私の言う事を、ごく自然に仲間が聞いてくれただけなのだ。
 
このバスケの延長で、私の先輩達(青年会)とバスケットクラブが、
 
それから5年間ほど全盛を誇っていく時期となった。
 
 あの頃は公民館のグループ活動が盛んに行われていた時代でもあり、
 
料理、お花、音楽等、すでに色々な活動があった。
 
 しかし、私たちのような体育会系のバスケットグループは、その中でも異色の存在であったようだ。
 
 ある時は、料理グループの方たちの作った料理をご馳走に、腹いっぱい頂いた事もあった。
 
若い娘たちと指導している先生が居たのを記憶している。
 
 私たちのバスケットクラブの場合は、指導者は居ず、技術的なものを含め、私が指導者を兼ねて活動していた。
 
 思えば、公民館活動は料理グループを筆頭に、嫁入り前の人、若い人たちが、
 
教養、資質向上、作法を習っていた場であった。若い者が社会に適応できるようになるための社会教育として、
 
有効な人づくりとして、十分その機能があったのだろう。
 
 今日でも企業内で習い事グループが福利厚生の一環として行われているところもあるようだが、
 
現在の企業、社会にはそうした余裕がないのか、余り聴き及ばない。
 
 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。