やることはわかってる

2019.2.10

本日の日経新聞に、パナソニック津賀社長のインタビュー記事が記載されていた。

 

「…理想はハードを作らないメーカー…」とか

 

「…いまだに既存事業を一生懸命やればいいんでしょ、少しでもアップグレードした製品を出せば…自分たちだけは頑張れる…これでは何も変わっていない…」

 

「…既存の人は既存のことしか考えられない…

 

ビジネスモデルを変えないといけない時に、ビジネスモデルが議論できる人に来てもらう…」

 

「私も社長になったからこそ過去を否定している…」

 

「…こんな矛盾があります、とダイレクトに言ってもらう。

 

中国人の社員なんか私に好き放題言いますよ。しかも上から目線で。それが必要なんだ」

 

(by 2019年2月10日 日本経済新聞)

 

 

じゃ、遠慮なく言わせてもらいます。一介の超零細企業の社長から。

 

やることはわかってる。でも、立ち上がらない、立ち上がらない。

 

それが日本の大企業。

 

ビジネスモデル?そんな話じゃない。それこそ既存の考え方に縛られてる。

 

欲しいものを作ってない。考えてないだけなんだ。

 

足りないのはアイデア、想像すること。そして、もう一つの創造だ。

 

新しいものを作る。この世にないものを作る。そのアイデア。

 

足りないのはアイデアなんだ。

 

いつも思うのですが、家電品の最たるものと位置付ければ

 

パナソニック製の電気自動車があったっていいじゃないか。

 

家まで作ってるくせに、なぜ車は作らないんですか。

 

それこそ究極のモバイル家電だぜ。

 

そこを人任せにするから、

 

ちっとも量産が進まない、普及しないんじゃないですか?(テスラ)

 

“理想はハードを作らないメーカー” とか言いますけど、

 

やっぱりこの国、日本のメーカーはものを作ってなんぼ!でしょ?

 

今こそ家電で培った量産体制の考えを生かす時ではないですか?

 

そう、水道水のように手に入りやすい製品を行き渡らせる

 

それこそ 「水道哲学」なんです。

 

♪  ナンバーワン野郎! … ♪ (by ザ・クロマニヨンズ)

 

いつも足りないのはアイデアなんだ。それと少しの勇気。

 

 

 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。