アキトの履歴書 37

2010.4.10

 
(青年期1~成人式とタバコ)
 
 中学生の頃より、野球界では長嶋の巨人デビュー、(少しして、“ワンちゃん”王貞治も登場する)
 
映画界のスーパースター裕次郎の活躍等、時代のヒーロー達が、マスコミ・スクリーン等のメディアを通じて
 
若い世代の我々の仲間内でも話題になり、憧れの的になっていった。
 
世はまさしく「巨人、大鵬、玉子焼き」
 
二十歳になる同世代の仲間が大勢いた当時は、成人式が村の行事として定着する“はしり”であった。
 
こぞって、上下、三つ揃いの背広を自分に合わせ、特注仕立てで購入することが成人の証(あかし)。
 
私も知り合いの店に出向いて、寸法取り・サイズと生地の選定をして、少し大人になった気分を味わった。
 
裕チャンの真似をして、背広はサイドベンツにして作ってもらった。
 
しかし、それも結局、色柄が気に入らず義兄にあげてしまい、1、2回ほどしか着ていない。
 
零細企業の職工の私には、成人式以外で背広に袖を通す必要も、機会もなかったのだ。
 
 成人式は一日かけ、村の中学校で行われた。例年通り作法室でのセレモニー、体育館での写真撮影。
 
終了後、隣町の駒ヶ根に数人で映画を観に行った。
 
その途中、タバコを買って初めて吸ったのだが、少し吸いこんだ瞬間、めまいと吐き気で立っていられず、
 
その場にしゃがみ込み、しばらくこらえていた事を憶えている。
 
以後、カッコ良さで吸っていたが、最初の夜、自室で空き缶に寝タバコをしていて、父の知るところとなった。
 
「とにかく火事だけは起こすな」
 
と言われた。
 
火を点けて1、2センチで消す状態が常だったので、父は
 
「そんなもったいない吸い方なら止めたらどうだ」
 
と、よく言ってもいた。
 
当時はフィルターのないタバコであったので、父は吸い残しをバラして紙で巻き直したり、
 
キセルで“私の残り”をよく利用していた。
 
それが、今ではすっかりヘビースモーカーとなってしまっている。
 
 

 

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。